かおりのプランター・ガーデニングブログ

趣味でプランターで色んな植物を育てています。その記録や覚え書きのブログです。最近、南国の植物にもはまっています。

植物たちの近況(インパチェンス、夜香木、トルムニア、ミディ胡蝶蘭、パフィオペディルム、セントポーリア、トマト、パンジー、ビオラ、クリサンセマム、オキザリス)

このブログにご訪問頂きありがとうございます!

 

まだまだ寒い日が続きますね。寒さに弱い植物たちには厳しい季節。

でも、家の中に入れてある植物たちは、少しずつ変化があります。

 

6月後半に差し芽にしたニューギニアインパチェンス

f:id:Kaoriok:20190111223347j:plain

「差し芽から育ったニューギニアインパチェンス」photo by Kaori

 

差し芽にした時の記事は以下からお読みいただけます。

差し芽天国 - かおりのプランター・ガーデニングブログ

 

その後、暑い夏の間に、2つ差し芽にしたうち、育っていた一株は枯れ、差してから夏の間ほとんど変化のなかった方の株は何とか夏を超すことができ、かなり涼しくなってきてから、ぐんぐん育ってきました。

そしてなんと蕾が付いていました!

f:id:Kaoriok:20190111223826j:plain

「差し芽から育ったニューギニアインパチェンスの蕾」photo by Kaori

ニューギニアインパチェンスは、暑さにも寒さにも弱いということだけれども、無事に咲いてくれると良いなぁ。

 

そして、差し芽にした夜香木。9月に折れてしまった花が咲いている枝を花瓶にさしておいたら、1か月ぐらいで発根してきたので、10月半ばに差し芽にしました。差し芽にするには、けっこう時期が遅かったのでどうなるかなと思ったのですが、寒くなって来た時に部屋の中に入れておいたら、最近になって、古い葉が落ちたところから、新しい葉っぱが出てきました。

f:id:Kaoriok:20190111224425j:plain

「差し芽にした夜香木」photo by Kaori

 

これで無事に育ちそう!親の木は、現在、外の割合日当たりの良い軒の下で冬越し中なのですが、もし冬越しに失敗しても、この差し芽から育った株があるのでちょっと安心。でも、今年はこれ以上株を増やしたくないので、もし親株が冬越しに成功したら、差し芽から育った株は、お友達にあげようかなと思っています。夜になると非常に良い香りのする花が咲く木なので、きっと欲しい方もたくさんいらっしゃるかな。

 

そして、しばらく前から花芽の伸びてきていたトルムニア

f:id:Kaoriok:20190111225517j:plain

「トルムニア」photo by Kaori

 

ちなみに以前の記事は以下からお読みいただけます。

洋蘭たちの花茎がぐんぐん伸びてきました - かおりのプランター・ガーデニングブログ

 

花芽が膨らんできて、もうすぐ咲きそうです!

f:id:Kaoriok:20190111225630j:plain

「膨らんできたトルムニアの蕾」photo by Kaori

とっても楽しみです!

 

洋蘭では、他にもミディ胡蝶蘭たちが咲き始めています。

ミディ胡蝶蘭・カララは2輪綺麗に咲いています。

f:id:Kaoriok:20190111230015j:plain

「ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111230046j:plain

「ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

 

そして、ミディ胡蝶蘭ヤングホーム・ドロシーも咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190111230145j:plain

「ミディ胡蝶蘭ヤングホーム・ドロシーの花」photo by Kaori

まだ開ききっていないですし、なんだか少し花が小さく、柄もまだはっきりしていないですが、これからの花に期待しています。でもこの花もかわいい!

 

パフィオペディルムも花芽が伸びてきています。無事に咲いてくれそうで嬉しい!

でも、私は今月末から2か月近く留守にするので、花が見れないかもしれないのが残念。

f:id:Kaoriok:20190111230940j:plain

「花芽の伸びてきたパフィオペディルム」photo by Kaori

 

台所の東側の窓脇に置いてあるセントポーリア。3年目なのですが、置いてある場所があまり良くないのか、育て方が悪いのか、何度も枯れかけました。いまいち育て方もよく分からず…。それに、うちは植物がたくさんありすぎて、良い置き場所がなくて。でも、いつも持ち直して今年も蕾を付けています。強いですね。

f:id:Kaoriok:20190111230637j:plain

「セントポーリアの蕾」photo by Kaori

 

花も綺麗なのですが、ビロードのような葉っぱが好きです。うまく育ててあげられないのが悔しい。

 

外では、中玉トマト・フルティカは、年末の降雪の後、さすがに枯れましたが、最後まで残っていて、赤くなりかけていたトマトを収穫。

f:id:Kaoriok:20190111231206j:plain

「中玉トマト・フルティカの収穫」photo by Kaori

なかなか立派。ここまで赤くなっていれば、しばらく置いておけば、真っ赤に追熟してくれるだろうと思います。

 

寒さに強い植物たちは元気。

パンジービオラも、寒いせいか、新しく開花する株は少ないですが、すでに開花している株は、花数をどんどん増やしています。蕾を付けていて、まだ開花していない株も多いのですが、寒さのせいで、なかなか開花までには至りませんね…。

 

f:id:Kaoriok:20190111231533j:plain

ビオラ・フローラルパワー・ブルーピコティの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111231600j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111231631j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111231701j:plain

「2~3日前に開花し始めたパンジー・ナチュレの株」photo by Kaori

パンジー・ナチュレは、今年は紫色の花が多いです。

他も、紫系の花が多いかも。ミックス種を蒔いているので、何色が咲くのかはわからないのですよね。

 

そして、クリサンセマム・パルドサム。ひとつだけ綺麗に咲いていますが、寒いせいか、そこから花が増えないです。

f:id:Kaoriok:20190111231843j:plain

「クリサンセマム・パルドサムの花」photo by Kaori

でも、春になったら、あふれんばかりに咲き誇ってくれるでしょう。今年は、こぼれ種から育った株が、あちこちの植木鉢から芽を出してきているので、どうしようか思案中。捨てるのももったいないので、少し大きくなった株は、ポットに植え替えて、誰かにあげようと思っているのですが。

 

そして、オキザリス・パーシーカラー。太陽が照っている時しか咲かない花。本当にこの花はかわいくて癒されます。

f:id:Kaoriok:20190111232133j:plain

オキザリス・パーシーカラーの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111232159j:plain

オキザリス・パーシーカラーの花」photo by Kaori

オキザリス・パーシーカラーは、多少寒さに弱いようなので、無加温のビニールハウスに入れています。日が照ってきたら、ビニールを開け、夕方にビニールを閉める感じ。気温は、朝方は外気とそれほど変わらないかもしれませんが、霜や雪が降りないですし、昼間は、外よりは多少温かいと思います。ちなみに、アラビアンジャスミンも今年は同様の場所で冬越しにトライしています。ちょっと、家の中に入れるスペースがなく…。でも、たぶん大丈夫だと思います。

 

以上、植物たちの一部の近況でした。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。