かおりのプランター・ガーデニングブログ

趣味でプランターで色んな植物を育てています。その記録や覚え書きのブログです。最近、南国の植物にもはまっています。

リンコレリオカトレアの開花。庭の花々と蕾。アゲハチョウの幼虫大変身で蛹へ(虫の嫌いな方は注意!)

このブログにご訪問いただきありがとうございます😊

 

今日は家の辺りは午前中の遅めの時間からずっと雨。雨はそれほど強くなかったですが、時折強い風も伴い、ちょっと嵐のようでした。

 

さて、今日も植物たちからの喜びと癒しのシェアです ♪

 

 

最近、たびたびご紹介しているリンコレリオカトレア・キングハロルド・Pink Dig

遂に花開き始めました! 

  

f:id:Kaoriok:20190514152757j:plain

f:id:Kaoriok:20190514182227j:plain

f:id:Kaoriok:20190514182236j:plain

f:id:Kaoriok:20190514182339j:plain

f:id:Kaoriok:20190514182346j:plain

f:id:Kaoriok:20190514182420j:plain

f:id:Kaoriok:20190514194140j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、開花していく様子」photo by Kaori

 

最近は遮光してベランダに出していたのですが、嵐っぽくなってきたので、家の中に入れました。

夜になっても、まだ開ききっていないですが、明日にはもっと開くのかな。大きな花になりそうです。

ちょっと、花びらが傷んでいる箇所もありますが、うちでの初めての開花。ワクワクします。去年購入した時は、蕾付きだったにもかかわらず、開かずに蕾で枯れてしまったので、今回は花開いてくれて本当にうれしいです。

なんだか、中心部がビラビラしているのがかわいい。

もっと花が開いてきたら、またご報告しますね!

 

庭では、ハーブたちも開花しています。

まず、チャイブス

f:id:Kaoriok:20190514152805j:plain

「チャイブスの花」photo by Kaori

ピンク色でかわいらしいです。

 

そして、種から育ててもうすぐ3年のセージ

f:id:Kaoriok:20190514153059j:plain

「種から育てたセージ」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190514153108j:plain

「種から育てたセージの花」photo by Kaori

セージを種まきした時は、とても発芽率が低く、発芽してもうまく育ったのは2株のみ。そして、今残っているのは、この1株だけです。

 

チャイブスもセージも料理で活躍してくれています!

 

柏葉アジサイも開花し始めました!

2年前に挿し木にして育てた株。

蕾は、垂れていたのですが、昨日シャキッと立ってきたなぁと思っていたら、開花し始めました。

f:id:Kaoriok:20190514182430j:plain

「柏葉アジサイの花芽」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190514182440j:plain

「柏葉アジサイの花」photo by Kaori

家のアジサイでは、一番乗りの開花です!

 

洋蘭の一種で、ギンギアナム系のデンドロビウム・サクセスストーリー・恋のしずくが咲きはじめました。去年、東京ドームの世界らん展で購入した株。外の軒下で育てています。去年はたくさん咲いていたのですが、今年はたぶん、咲くのはこれだけかも。

他にも、ノビル系のデンドロビウムも数株持っているのですが、なぜか、デンドロビウムは、うまく咲かせられないのですよね。コツがわからない…。

f:id:Kaoriok:20190514152811j:plain

デンドロビウム・サクセスストーリー・恋のしずくの花」photo by Kaori

 

今年は開花が遅れているルピナスですが、薄いピンク色のものが咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190514152847j:plain

「薄いピンク色のルピナス」photo by Kaori

 

イキシアはどんどん花が増えていきます!

f:id:Kaoriok:20190514152924j:plain

f:id:Kaoriok:20190514152916j:plain

「イキシアの花々」photo by Kaori

 

ドッグローズは、前日咲いていた花が散っており、新しい花が開花。

ドッグローズの花は、あまり日持ちしないのですね…。

f:id:Kaoriok:20190514153031j:plain

「ドッグローズの花」photo by Kaori

 

去年の秋、種を蒔いたニゲラ・ペルシャンジュエルも、ついに蕾ができてきました。

f:id:Kaoriok:20190514152839j:plain

「ニゲラ・ペルシャンジュエルの蕾」photo by Kaori

芸術的な蕾ですよね。

2~3年前に購入した種が数粒だけ残っていたので、種まきしたものです。何色が咲くのかな。開花が楽しみです。

 

 

【昆虫、注意!】

虫が嫌いな方は見ないでくださいね!

 

さて、昨日見つけた、さなぎになろうとしていたアゲハチョウの幼虫。

今朝、見事にさなぎになっていました!

一晩でこんなに変わるなんて信じられない。自然の神秘ですね。

 

昨日の様子の写真からアップしますね!

f:id:Kaoriok:20190513233257j:plain

「アゲハチョウの幼虫 2019年5月13日」photo by Kaori

 

そして、今日はこんな感じでした! 見事です。

f:id:Kaoriok:20190514182647j:plain

「アゲハチョウの蛹、2019年5月14日朝」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190514182744j:plain

「アゲハチョウの蛹、2019年5月14日日暮れ前」photo by Kaori

それにしても、よくも一本の糸でくっついていますよね。

 

ちなみに遠景はこんな感じです。

f:id:Kaoriok:20190514153020j:plain

「アゲハチョウの蛹のいる辺りの庭の様子」photo by Kaori

もう少し、近づいてみましょう。

f:id:Kaoriok:20190514201433j:plain

「アゲハチョウの蛹がいる辺り」photo by Kaori


うまく同化していますよね~。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように!

 

 

ドッグローズの開花!庭の植物たちの移り変わり。洋ランなど。アゲハチョウの幼虫(虫が嫌いな人は注意!)

このブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日も、植物たちがくれる幸せと癒しのシェアです☆

 

今朝、ドッグローズが咲いているのを見つけました!

それも3輪も!

f:id:Kaoriok:20190513221346j:plain

f:id:Kaoriok:20190513221350j:plain

f:id:Kaoriok:20190513221355j:plain

「ドッグローズの花々」photo by Kaori

 

花の感じを見ると、2輪は私が東京に行っていた週末の間に咲き始めたのかもしれせんね。

ドッグローズは原種のバラのようですね。清楚な美しさがあります。

一昨年にとても小さな苗を買って鉢植えにしたのですが、虫の被害が大きく、去年は一輪しか咲きませんでした。バラの育て方に対して知識がないことに加え、他に植物が多すぎて、あまり手をかけなかったのが原因かもしれませんが…。

今年も、蕾のついている手前の茎を虫にかじられて、蕾がしおれてしまっている部分が多く、花は無理かなぁと思っていたので、咲いてくれて本当にうれしいです。

まだ蕾があるので、虫に食べられてしまわなければ、あと数輪は咲いてくれそうです。

私は、ローズヒップのお茶が好きで、それでドッグローズを育て始めたわけですが、今年は、ローズヒップが少しでも収穫できると良いな。

 

イキシアも一気に開花しています。

f:id:Kaoriok:20190513223733j:plain

f:id:Kaoriok:20190513223738j:plain

f:id:Kaoriok:20190513223755j:plain

「イキシアの花々」photo by Kaori

 

ピンク色のイキシアも明日には咲くでしょう。

f:id:Kaoriok:20190513223949j:plain

「ピンク色のイキシアの蕾」photo by Kaori

 

アキレギア・ブルガリス・クレメンタインシリーズ・ホワイトの花も咲き始めました!

f:id:Kaoriok:20190513224130j:plain

「アキレギア・ブルガリス・クレメンタインシリーズ・ホワイトの花」photo by Kaori


西洋オダマキの一種です。実は、西洋オダマキも、ミヤマオダマキも、何度も、たくさん種を蒔いたのです。でも、全然発芽してくれず。100粒ぐらいは蒔いたかもしれません。そして、たった一株だけ発芽して育ったのがこの株です。ネットで購入した種を蒔いたのですが、あとで調べてみると、全く発芽しなかったというレビューばかりだったので、発芽したのが奇跡だったのかもしれませんね。

そして、発芽から1年半たった去年の春、初めての花を咲かせてくれました。

その後、種ができ、すぐに種まきしたら、たくさん発芽しました!こぼれ種でもあちこちから生えてきたので、オダマキは、種を採ってすぐ蒔くと良く発芽するけれども、採種してから時間が経つと、発芽がかなり難しくなるのかもしれませんね。

 

スイートピー・ピンクキューピットも、かわいらしい花をどんどん咲かせています。小さな種類なので、支柱もいらず、鉢で楽に育てられます。

f:id:Kaoriok:20190513223615j:plain

スイートピー・ピンクキューピットの花」photo by Kaori

 

ニオイバンマツリも咲き始めています。

咲き進むにつれ、花の色が変わっていきます。よい香りがします。

咲き始めは、濃い紫。

f:id:Kaoriok:20190513231319j:plain

「咲き始めのニオイバンマツリの花」photo by Kaori

そして白に変化していきます。

f:id:Kaoriok:20190513231414j:plain

「白に変化していくニオイバンマツリの花」photo by Kaori

ニオイバンマツリは、ジャワの涼しい山の中の、ある縁のある場所で見かけて、綺麗だなと思って調べたら、日本でも売られていて、育つことが判明。寒さには若干弱いようですが、外で冬越しできます。でも、一応、霜や雪があたらないようにはしています。

 

マリリスアフロディーテは、葉や花芽が出てきました!

f:id:Kaoriok:20190513231824j:plain

「葉が伸びてきたアマリリスアフロディーテ」photo by Kaori

冬の間は水を切って、鉢のまま玄関の中に入れておき、暖かくなってから、外に出して、徐々に水やりを始めました。

豪華な花が楽しみです!

 

いろんな植物がどんどん大きくなってきて、置き場所がなくなってきたので、パンジービオラの鉢をいくつか引退させました。まだまだ咲いているのですが、もりもりに育って場所が狭くなってきたのと、暑さで徒長しまくって、倒れてしまったり、結構だらしなくなってしまっていましたし、良い潮時かも。「綺麗な花をたくさん見せてくれて、ありがとう」と言いながら、株を抜かせてもらいました。

その前に撮影した写真を載せておきますね。

f:id:Kaoriok:20190513232404j:plain

「パンジーシャロンジャイアント」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190513232418j:plain

「パンジーシャロンジャイアント」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190513232428j:plain

ビオラ・フローラルパワー・ブルーピコティの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190513232439j:plain

「パンジー・ナチュレの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190513232502j:plain

「パンジー・ナチュレの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190513232518j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

本当に楽しませてくれて、ありがとう!


そして、リンコレリオカトレア・キングハロルド・Pink DIg。ついに、開花が近づいてきました!

f:id:Kaoriok:20190513230324j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'の蕾1」photo by Kaori

もう一つの蕾も、シースから顔を出しました。こちらは、すでに先が開きかけているように見えます。

f:id:Kaoriok:20190513230416j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'の蕾2」photo by Kaori

 

 

エピデンドラム・ピンクパール

洋蘭の一種です。2年前にネットで、お任せで注文したら、我が家にやって来たエピデンドラム。とても大きな株だったのですが、そちらは枯れてしまいました。でも、とても小さな高芽を取って植えておいたものが、少しずつ育っていき、ほんの少しですが、蕾をつけました。

f:id:Kaoriok:20190513230908j:plain

「エピデンドラム・ピンクパールに蕾がつきました」photo by Kaori

 

気長に育てて良かったです。

 

 

【昆虫、注意!】

虫の嫌いな人は見ないでくださいね!

最後に、庭で見つけたアゲハチョウの幼虫。

さなぎになろうとしているところのようです。

ジギタリスの支柱にいました。

とても綺麗です。

f:id:Kaoriok:20190513233257j:plain

「アゲハチョウの幼虫」photo by Kaori

この状態の幼虫を初めて見ました。

アゲハチョウの幼虫は、もっと小さい時は、黒いのですけれどもね。

家の植物をモリモリ食べて大きくなったのでしょうね。アゲハチョウの幼虫の食欲はすごいですから…。

無事に蝶になれますように。

 

今日はこんなところで。

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日になりますように!

 

家の花々の様子

このブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

土日と東京へ行っておりまして、その前の金曜日にアップしようとしていた花々の写真。遅ればせながら、今、アップします!

日曜日の今日、東京は涼しかったですが、家の辺りは、かなり暑く、28~29度ぐらいまで気温が上がったようです。

 

さて、金曜日の植物の様子です。

庭では鉢植えのイキシアが開花しました!

小さな、可憐な花です。

どんな植物かもあまり知らず、ネットで見て購入して3年目。

毎年、秋に球根を植え付けています。

f:id:Kaoriok:20190510200922j:plain

「イキシアの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190510200907j:plain

「イキシアの花」photo by Kaori

あまり寒さに強くなさそうなので、冬はちょっと気を使いました。外で冬越ししますが、霜や雪に当てず、なるべく温かい場所に置くようにしました。

これから、どんどん開花していきそうです。

ちなみに朝になると花開いて、夜は花が閉じる種類です。

 

そして、スケルトンズユニークゼラニウムも花盛り。匂いゼラニウムの仲間なので、葉がとても良い香りです。レモンの香り

 

f:id:Kaoriok:20190510200857j:plain

スケルトンズユニークゼラニウムの花」photo by Kaori


 

ジャーマンアイリス・アコマはもう終わりですね。これが最後の花。短い間でしたが、楽しませてもらいました。

f:id:Kaoriok:20190510200934j:plain

ジャーマンアイリス・アコマ、今年最後の花(4輪目)」photo by Kaori



 

ポピーカリフォルニアの鮮やかな花。この花を見ると元気になります。また、秋に種まきをして、来年も咲かせたいなぁ。

f:id:Kaoriok:20190510200943j:plain

「ポピーカリフォルニアの花」photo by Kaori

種から育てて3年目のガーベラ。3鉢あります。

2鉢はしばらく前から咲いているのですが、3鉢目が咲き始めました!

f:id:Kaoriok:20190510200816j:plain

「ガーベラの花」photo by Kaori

 

ジギタリスもいろんな色が開花中

下の写真はアプリコット色の花からとったタネを蒔いたものですが、なぜか、薄いピンク色になりました。うちでは初めての色です。

f:id:Kaoriok:20190510200241j:plain

「薄いピンク色のジギタリスの花」photo by Kaori

そして次の濃いピンクの花も、アプリコット色から採取したタネをまいたはずなのになぁ。もしかして間違えた?でも、一番豪華で花付きの良い株になりました。

f:id:Kaoriok:20190513091352j:plain

「濃いピンク色のジギタリスの花」photo by Kaori



 

これは、アプリコット色の花。残っていたミックスの種を蒔いたうちの一株。

f:id:Kaoriok:20190510200252j:plain

アプリコット色のジギタリスの花」photo by Kaori



今年は白花のジギタリスがたくさん育ちました。そのうちの一株です。

f:id:Kaoriok:20190510200422j:plain

「白のジギタリスの花とパンジーたち」photo by Kaori



 

 

ルピナスも、まだまだ綺麗。

まだ開花していない株もあるので、楽しみです。

f:id:Kaoriok:20190510200225j:plain

「ピンクと黄色のルピナスの花」photo by Kaori



 

アイスランドポピーは、思ったほど次々咲かないですが、ポツポツと咲いてくれています。鉢が小さかったかなぁ。

f:id:Kaoriok:20190510200219j:plain

アイスランドポピーの花」photo by Kaori



 食用ほおずき・ゴールデンベリーも、今年はかなり遅いスタート。やっと新芽が少し伸びてきました。

f:id:Kaoriok:20190510200156j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリーの新芽」photo by Kaori

冬には完全に枯れますが、根は生きています。春になると新芽が出てきます。これは、入手してから3回冬越しした株。毎年、春、新芽が出始めたころに鉢を植え替えています。すでに10号スリット鉢に植えているので、それ以上鉢を大きくしたくなく、毎年、根を少し減らし、土を半分ぐらい替えて植え替えています。

 

庭の紫蘭。最盛期で綺麗です。これは昔からの地植えのものなので、放っておくと毎年範囲がどんどん広がっていくのが難。

f:id:Kaoriok:20190510200741j:plain

「庭の紫蘭の花」photo by Kaori


 

f:id:Kaoriok:20190510200747j:plain

「庭の紫蘭の花」photo by Kaori



 

胡蝶蘭たちもまだまだ花盛り。でも、もうそろそろ終わりですかね。

f:id:Kaoriok:20190510200625j:plain

「ミディ胡蝶蘭・ヤングホームドロシー」photo by Kaori

 

f:id:Kaoriok:20190510200655j:plain

「ミディ胡蝶蘭フーシェンズ・グラッドリップ」photo by Kaori



f:id:Kaoriok:20190510200707j:plain

「ミディ胡蝶蘭 (母名) Phal.Yu Pin Polar Star x (父名) Phal.Chian Xen Piano」photo by Kaori



 

 

 

 

リンコレリオカトレア・キングハロルド。ついに蕾がシースから出てきました!

f:id:Kaoriok:20190510200148j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、シースから蕾が出てきた」photo by Kaori

 

もう一つのシースがピンク色になってきました。こちらももうすぐ蕾が出てきそうです。

f:id:Kaoriok:20190510200151j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、もう一つのシース」photo by Kaori



 

ソフロレリア・レッドドールもまだまだ可愛く咲いております。

f:id:Kaoriok:20190510200608j:plain

「ソフロレリア・レッドドールの花」photo by Kaori



 

 

今日はこんなところで!

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように!

 

 

 

 

 

リンコレリオカトレアの蕾が上がってきた!+庭の花々

このブログにご訪問いただきありがとうございます。

 

ゴールデンウィークも過ぎたというのに、うちのあたりではなんだか朝晩肌寒いです。今朝の最低気温は10度、明朝の予想最低気温は7度とのこと。まだ、洋蘭類を外に出しっぱなしにできないかなぁと思っています。

今日の昼間は最高気温は20度と過ごしやすくてよかったです。あまり早く暑くならず、過ごしやすい気候がもう少し長く続くと良いなぁ。

夏は夏で良いのですけど、うちのあたりの最近の暑すぎる夏にはちょっと辟易しているのです。

 

さて、以前にもご紹介した、リンコレリオカトレア・キングハロルド "Pink Dig"。

ちなみに前回は以下の記事の中で書きました。

カトレアたちの開花と蕾(ソフロレリア・レッドドール、原種カトレア・ルデマニアナ・ミシマ、リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Ping Dig'、カトレア(Rlc. Mikasa Sharbet x Little Toshie)) - かおりのプランター・ガーデニングブログ

 

その後、蕾がかなり大きくなってきて、もうすぐシースの外に出てきそうです!

f:id:Kaoriok:20190507200414j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、もうすぐシースから蕾が出てきそう」photo by Kaori

 

f:id:Kaoriok:20190507201045j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、もうすぐシースから蕾が出てきそう」photo by Kaori

 

そして、もう一つのシースの中にも蕾が上がってきています!一つだけでも咲けば良いかなと思っていたので、とても嬉しいですし、楽しみです。こちらのシースは、くたっとして枯れているようにも見えていたので、無事蕾が出てきて本当に良かったです。カトレアって、シースが出てから何か月もたってから花が咲く種類もあるんですね。

f:id:Kaoriok:20190507201146j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、もうひとつシースの中にも蕾が見えてきた」photo by Kaori

 

去年購入した時は、せっかく付いていた蕾が、開くばかりになったのに、結局開かずに枯れてしまい、ショックだったので、今年こそは花が見たいです。

 

庭では、ジャーマンアイリス・アコマが花盛り。

今日は3輪咲いていました。ジャーマンアイリスは花もちが悪いらしく、3日で花はしぼんでしまいます。

今日咲いていた3輪は2輪目~4輪目。蕾の数は4つだったので、これでおしまい。

f:id:Kaoriok:20190507202218j:plain

「3輪咲いていたジャーマンアイリス・アコマ 2019年5月7日」photo by Kaori

 

今日花開いたものは、色が濃い。日が経つにつれ、白っぽくなるようです。

f:id:Kaoriok:20190507202157j:plain

「咲いたばかりのジャーマンアイリス・アコマの花」photo by Kaori

とても美しいけれども、長く楽しめないのが少し残念。

あと数日、楽しみます!

 

ガザニアも、黄色が咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190507202647j:plain

「黄色のガザニアの花」photo by Kaori

購入して約3年の株。鉢植えですが、たくさん蕾が付いているので、しばらく楽しめそうです。

去年の3月に赤玉土小粒5:腐葉土3:川砂2の割合の土で、鉢底石を鉢底に入れて、7号のプラスチック鉢に植え替えました。化成肥料その時に混ぜました。

その環境が良かったのか、今年は去年より元気に見えます。今年は、忙しくて植え替えが出来ていないのですが、花が咲き始めてしまったので、植え替えなくても大丈夫かなぁと思っています。様子を見つつ、時間があれば、秋に植え替えるかも…。

 

庭では、まだまだパンジービオラがきれいです。

f:id:Kaoriok:20190507203711j:plain

「庭のパンジービオラジギタリスルピナスなど」photo by Kaori

全て、鉢植えです。

パンジービオラはかなり徒長してしまったので、少しずつ引退させ始めました。

 

ルピナスも、今年はあまり成長が良くなく、数も少ないですが、今年も綺麗です。

f:id:Kaoriok:20190507203859j:plain

ルピナスの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190507203907j:plain

ルピナスの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190507203916j:plain

ルピナスの花」photo by Kaori

 

今年は、ジギタリスが豪華に育っています。

その中でもすごいのが、玄関先に置いてあるピンクのジギタリス

f:id:Kaoriok:20190507203926j:plain

「ピンク色のジギタリス・ダルメシアンの花」photo by Kaori

花が鈴なりです。

ちなみに、ジギタリスは、肥料をやらない方が良いようで、肥料はやっていません。土は、ゴールデン培養土を使っていますが、新しいものではなく、古い土を再生させたもの。私の再生法は去年や一昨年に使った土から、フルイなどを使って根やゴミを大体取り除き、透明なビニール袋に入れて熱湯をかけて口を縛り、日向に数日から1週間置き、ビニールから出して広げて乾かした後、ゴールデン培養土の再生材を混ぜています。手間がかかりますが、ゴールデン培養土は値段が高めですし、土を捨てるのもなかなか大変なので、無理のない程度に徐々にやってます。

 

パンジービオラルピナスジギタリス、すべて種から育てました。去年は9月に種を蒔いたかな。

綺麗に咲いてくれると感無量です。

あんな小さな種がこんなに大きくなって、多くの花を咲かせるなんて驚異です。

 

 

今日はこのくらいで。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。

 

 

 

 

 

 

ジャーマンアイリス・アコマ、スイートピー、ガザニア、レモン、ソフロレリア・レッドドールの開花

このブログにご訪問ありがとうございます。

 

令和の時代に入ってから、すでに5日経ちましたね。

がらっと空気感が変わって、ちょっとびっくりしています。軽やかで華やかな空気感。

令和が平和で喜びに満ちた時代になりますように。

 

ここ数日暑いですね。家の辺りでは、連日、最高気温が25度以上の夏日が続いています。特に、5月3日、4日は27~28度ぐらいまで気温が上昇しました。

 

庭では、5月3日にジャーマンアイリス・アコマの花が初開花!

f:id:Kaoriok:20190505174208j:plain

「初開花のジャーマンアイリス・アコマ 2019年5月3日」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190505174311j:plain

ジャーマンアイリス・アコマの花、クロースアップ」photo by Kaori

そして、今日2輪目が開花しました!

f:id:Kaoriok:20190505174331j:plain

ジャーマンアイリス・アコマ、2輪目の開花 2019年5月5日」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190505174339j:plain

ジャーマンアイリス・アコマ」photo by Kaori

一昨年の秋、お任せの5球根セットを購入して植え付けたもののうちの一株。

お任せだったので、どんな花が咲くのかわからずに購入していますが、こんなに美しくて豪華な、好みの色の花が咲くなんてラッキーです。

そして、顔を近づけるとよい香りがします。咲き始めはさわやかな香りだったのですが、翌日には、香水のような香りになっていました。

去年は、別の株が開花したのですが、今年は、いまのところ花芽が上がって来たのがこの株だけなので、開花はどうもこのアコマだけのようです。

家の近所では、たくさんのジャーマンアイリスの群生を見かけるのですが、すべて地植え。うちはすべて鉢植えなので、それで、あまり開花してくれないのですかね…。それとも、育て方が悪いのかしら…。今年の秋辺り、植え替えたほうがよいかもしれませんね。

でも、一株だけでも咲いてくれて、とても嬉しいです。

 

ほかにも、令和の始まり、5月1日に初開花したスイートピー・ピンクキューピット。あまり大きくならないので、支柱のいらない種類です。ここのところ、毎年種から育てています。今回は、自家採種の種も蒔きました。

f:id:Kaoriok:20190505175032j:plain

スイートピー・ピンクキューピットの一番花」photo by Kaori

かわいらしいピンク色です。

 

そして、育て初めて3年のガザニアも咲き始めました!

f:id:Kaoriok:20190505175415j:plain

ガザニア。今年の一番花」photo by Kaori

太陽のような花です。この色に一目ぼれして購入しました。

一時期、あまり調子が良くなさそうでしたが、去年植え替えたら、とても元気になりました。

 

 

去年購入した「とげなしレモン」にも花が咲きました!接ぎ木苗を購入したもの。

花はとても良い香りがします。

f:id:Kaoriok:20190505175832j:plain

「とげなしレモンの初開花」photo by Kaori

実ってくれると良いなぁ。

でも、管理が悪くて、冬に葉が落ちてしまった部分もあり、また、虫食いも多くて葉の数があまり多くないので、ちょっと難しいかもですね…。ひとつでも実ってくれると嬉しいです。

油断していたら、アゲハチョウの幼虫がたくさんついていて、慌てて割りばしで取りました。アゲハチョウにも育ってほしいですが、アゲハチョウの幼虫の食欲と言ったら、半端ではないですからね…。一晩で、まるっと食べられてしまうこともありますから、致し方ありません…。

それでも、家の庭には、次から次へとアゲハチョウがやってくるので、これからも油断はなりませんね。

 

カトレアの一種、ソフロレリア・レッドドールも、5月1日に無事3輪目が咲いて、満開となりました!

f:id:Kaoriok:20190505180449j:plain

「ソフロレリア・レッドドール、3輪目が咲きました」photo by Kaori

 

去年は、花びらの数が少ない奇形の花が2輪あったのですが、今年はすべて綺麗に咲いてくれました!良かったです。

 

令和の時代も、ゆるゆるとガーデニングを楽しみ、植物たちと触れ合い、植物たちから学んでいきたいと思います。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって令和が素敵な時代となりますように。

 

 

 

ジギタリスの開花、ルピナス、紫蘭、パンジー、ソフロレリア・レッドドール

このブログにご訪問いただきありがとうございます。

 

最近、雨が多いですね。

庭のたくさんの鉢やプランターの水やりの手間が省けて良いのですが、油断してると、以外に鉢に水が当たってなくて、晴れるとすぐに水切れしてしなっとすることも。茂り過ぎでしょうかね。

 

最近、庭では、ジギタリスの開花が続いています。

自家採種の種や、2年前に購入したら種の残りから育てた株たち。ジギタリス・ダルメシアンという種類です。ものすごく発芽率がよいです。ほぼ、100パーセントかな。

 

f:id:Kaoriok:20190430152545j:plain

アプリコット色のジギタリス・ダルメシアンの花」photo by Kaori



 

f:id:Kaoriok:20190430152602j:plain

「ピンク色のジギタリス・ダルメシアンの花」photo by Kaori



 

f:id:Kaoriok:20190430152553j:plain

「白色のジギタリス・ダルメシアンの花」photo by Kaori



 自家採種の種は、たぶん親の株と同じ色だろうと思い、バランスよく育てたつもりですが、色が違ったものも。ラベルを付け間違えたかな。

 

まだ開花してない株が何株もあるので、これから楽しみです。

 

ほとんどの株は夏の暑さに耐えられず、夏越しできないのですが、実は、2株だけ2回夏越ししたツワモノが。2株ともピンク色の花の株。鉢植えですが、大株になっています。もともとの株の強さもあるかもしれませんが、置いている場所が良いのでしょうかね。朝日があたり、西日があまり当たらない場所なので。

実は、種まき1年目に咲く花の方が花穂が高くて豪華なのですよね。でも、この大株たちには、何本も花穂が出ます。これから咲いてくれるので、楽しみです。

 

そして、紫色のルピナスも咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190430153407j:plain

「紫色のルピナスの花」photo by Kaori

 

今年は、なぜかルピナスの成長が良くなく、あまり咲いてくれていませんが、好きな紫色も咲いてくれてよかったです。

 

そして、ずいぶん前から庭に植えられている紫蘭も咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190430153714j:plain

紫蘭の花」photo by Kaori

「シランがしらん間に咲いとった」と知人が言っていましたが(笑)

f:id:Kaoriok:20190430172606j:plain

「種から育てたパンジーシャロンジャイアントミックスの花」photo by Kaori

パンジーもかなり徒長してしまいましたが、まだ咲いています。

もう引退も近いけれども…。

 

家の中では、ソフロレリア・レッドドールの開花が続いています。きれいな赤で癒されます。

f:id:Kaoriok:20190430172926j:plain

「ソフロレリア・レッドドールの花」photo by Kaori

 

 

平成の時代も、あと数時間で終わり。

なんだか感慨深いです。

 

令和の時代は、世界が平和で、みんなが心豊かに過ごせる時代になりますように。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。

 

 

 

カトレアたちの開花と蕾(ソフロレリア・レッドドール、原種カトレア・ルデマニアナ・ミシマ、リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Ping Dig'、カトレア(Rlc. Mikasa Sharbet x Little Toshie))

このブログにご訪問頂きありがとうございます。

 

 

家の辺りでは今日は晴天ですが、ものすごい強風が吹いていて、危ないと感じるほどです。空気も肌寒い。最近、昼間はベランダの日当たりに出している、アデニウムサンゴアブラギリ、モリンガ、洋蘭たちも、今日は早々に家の中に避難させました。

庭の植物たちも強風のせいもあり、油断するとすぐに水切れしてしまいます。最近、よく雨が降っていたからと油断していたら、たくさん水切れしてしなっとなっており、慌てて水をやりました。特に、今の季節のジギタリスは水切れしやすいようです。他にも、ルピナスやぐんぐん伸びていくユリ、ものすごくもりもりとなっているパンジービオラなど。うちは、事情があってすべて鉢植えなので、なかなか世話が焼けます。

 

さて、家の中では、小さなカトレアの一種、ソフロレリア・レッドドールが開花しました!

f:id:Kaoriok:20190427131436j:plain

「ソフロレリア・レッドドールの開花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190427131443j:plain

「ソフロレリア・レッドドール」photo by Kaori


花の幅は4.5㎝位で、かわいらしいです。

去年は、奇形の花もあったのですが、今年はいまのところ大丈夫そう。

 

先日から咲いている原種カトレア・ルデマニアナ・ミシマは、こうしてブログを書いている間も、そばに置いていますが、強風で窓を閉めているので、部屋の中がむせ返るほどの芳香で満たされています。

今はこんな感じ

f:id:Kaoriok:20190427132908j:plain

「原種カトレア・ルデマニアナ・ミシマ」photo by Kaori

ちなみに花の大きさは、花びらを伸ばせば幅は12~13㎝、長さは15~16㎝あります。

 

他にもいくつかカトレアの株があるのですが、そのうちの一つ、リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig' のシースの中に蕾が見えてきました!

f:id:Kaoriok:20190427133127j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'、シースの中に蕾が見えてきた」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190427134013j:plain

「リンコレリオカトレア・キングハロルド 'Pink Dig'」photo by Kaori

去年の5月末に地元の愛蘭会の蘭展で購入した株。その時、蕾が付いていて、開花を楽しみにしていたのですが、環境が急に変わったせいか、蕾は開花せずに枯れてしまったのですよね。その後、すぐに新しいバルブができてきており、その後、秋の終わりぐらいにも、また新しいバルブが出来上がってきていたのですが、両方とも、シースの中は空っぽ。ちょっと前に、その中に、小さな塊が出てきたなぁと思っていたのですが、その状態が長いので、もう開花しないのかなと思っていたら、一つのシースの中のその塊が大きくなり、蕾らしき形が見えてきて、とても嬉しいです。今年こそは、無事に咲いてほしいものです。

 

次は、私は一番最初に購入したカトレア。2017年5月に、これも地元の愛蘭会の蘭展で購入したもの。

Rlc. Mikasa Sharbet と Little Toshieを掛け合わせたものと、札に書かれていました。緑とピンクの花に一目ぼれで購入しました。年に2~3回開花するとても優秀な株。

ただ、とても良く成長して、大きくなりすぎるので、去年の9月に株分けをしたのです。3つに分けました。

初めての蘭の株分け。あまりうまくいかず、バルブもしわしわになってしまい、あまり調子が良くなさそうだった株たち。

その後は一度も花が咲かなかったのですが、一番大きな株に、やっと蕾が見えてきました。

f:id:Kaoriok:20190427135333j:plain

「カトレア(Rlc. Mikasa Sharbet x Little Toshie)の蕾」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190427135412j:plain

「カトレア(Rlc. Mikasa Sharbet x Little Toshie)」photo by Kaori

無事に咲いてくれると嬉しいなぁ。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。