かおりのプランター・ガーデニングブログ

趣味でプランターで色んな植物を育てています。その記録や覚え書きのブログです。最近、南国の植物にもはまっています。

季節外れのハイビスカス、洋蘭たちの開花(トルムニア、ミディ胡蝶蘭、パフィオペディルム、オンシジューム・トゥインクル)

このブログにご訪問頂きありがとうございます。

 

まだまだ寒い日が続きますね。

でも、私の住んでいる辺りでは、去年に比べたら温かいように感じます。

 

家の中に取り込んでおいた大輪のハイビスカス。

一つだけ蕾が残っていたのですが、大きくなって、花が咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190116215216j:plain

「開き始めた大輪ハイビスカスの花 2019年1月12日夜」photo by Kaori

次の日にはきれいに咲いていました。

f:id:Kaoriok:20190116215425j:plain

「大輪ハイビスカスの花 2019年1月13日」photo by Kaori

気温が低いからか、開花から4日目を迎えた今日も、まだ綺麗に咲いています。

f:id:Kaoriok:20190116215625j:plain

「大輪ハイビスカスの花 2019年1月16日」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190116215654j:plain

「大輪ハイビスカスの花 2019年1月16日」photo by Kaori

 

冬なのに楽しませてくれてありがとう!

これが残っている最後の蕾なので、この花が終わったら枝を切り戻そうと思います。

そうしたら、春になればきっとまたぐんぐん伸びて、花を咲かしてくれるでしょう。

 

そして、昨夜、2日間の出張から帰ってきたら、洋蘭の一種、トルムニアの花が咲いていました!

こうして洋蘭が次のシーズンも咲いてくれると、とても嬉しいです。

3株買ったトルムニアのうち、1株は枯れ、1株は花芽が出なかったので、今シーズン咲くのはたぶんこの株のみ。でも、嬉しいです。

f:id:Kaoriok:20190116221717j:plain

「トルムニア、今季の一番花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190116221729j:plain

「トルムニア」photo by Kaori

 

そして、ミディ胡蝶蘭ヤングホーム・ドロシーも綺麗に咲いてくれました!

f:id:Kaoriok:20190116222320j:plain

「ミディ胡蝶蘭ヤングホーム・ドロシーの花」photo by Kaori

最初に買ったときより花は小さいような気もしますが…。やはり、プロの人が育てるのとは違ってくるのでしょうね。

 

洋蘭の一種、パフィオペディルムも、花芽が伸びてきて、花の柄もわかるようになってきました!

f:id:Kaoriok:20190116222526j:plain

「パフィオペディルムの花芽」photo by Kaori

 

かわいすぎる~。

いつ咲いてくれるのかなぁ。

1月終わりから2か月近く家を留守にするので、その前に咲いてくれるのかどうか、やきもきしています。お気に入りの花なので、是非見たい。

 

1か月ほど前に咲き始めたオンシジュームトゥインクルも、まだ綺麗に咲いています。やはり洋蘭は花期が長いものが多いですね。

f:id:Kaoriok:20190116223407j:plain

オンシジュームトゥインクル」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190116223442j:plain

オンシジュームトゥインクル」photo by Kaori

 

よく見ると、終わりかけの花もありますね。

でも、長い間楽しませていただきました。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。

 

<おまけ!>

外出先で綺麗な花を見かけたので写真をアップします。

f:id:Kaoriok:20190116225023j:plain

「シンビジューム」photo by Kaori

日本ライン花木センターで売られていたもの。家のシンビジュームは枯らしてしまったので欲しかったのですが、今年は、私がいない時が多くて、家族に負担がかかるのでぐっと我慢。

f:id:Kaoriok:20190116225132j:plain

シクラメン」photo by Kaori

祖母の家では2色のシクラメンが。とってもかわいい花色。

 

植物たちの近況(インパチェンス、夜香木、トルムニア、ミディ胡蝶蘭、パフィオペディルム、セントポーリア、トマト、パンジー、ビオラ、クリサンセマム、オキザリス)

このブログにご訪問頂きありがとうございます!

 

まだまだ寒い日が続きますね。寒さに弱い植物たちには厳しい季節。

でも、家の中に入れてある植物たちは、少しずつ変化があります。

 

6月後半に差し芽にしたニューギニアインパチェンス

f:id:Kaoriok:20190111223347j:plain

「差し芽から育ったニューギニアインパチェンス」photo by Kaori

 

差し芽にした時の記事は以下からお読みいただけます。

差し芽天国 - かおりのプランター・ガーデニングブログ

 

その後、暑い夏の間に、2つ差し芽にしたうち、育っていた一株は枯れ、差してから夏の間ほとんど変化のなかった方の株は何とか夏を超すことができ、かなり涼しくなってきてから、ぐんぐん育ってきました。

そしてなんと蕾が付いていました!

f:id:Kaoriok:20190111223826j:plain

「差し芽から育ったニューギニアインパチェンスの蕾」photo by Kaori

ニューギニアインパチェンスは、暑さにも寒さにも弱いということだけれども、無事に咲いてくれると良いなぁ。

 

そして、差し芽にした夜香木。9月に折れてしまった花が咲いている枝を花瓶にさしておいたら、1か月ぐらいで発根してきたので、10月半ばに差し芽にしました。差し芽にするには、けっこう時期が遅かったのでどうなるかなと思ったのですが、寒くなって来た時に部屋の中に入れておいたら、最近になって、古い葉が落ちたところから、新しい葉っぱが出てきました。

f:id:Kaoriok:20190111224425j:plain

「差し芽にした夜香木」photo by Kaori

 

これで無事に育ちそう!親の木は、現在、外の割合日当たりの良い軒の下で冬越し中なのですが、もし冬越しに失敗しても、この差し芽から育った株があるのでちょっと安心。でも、今年はこれ以上株を増やしたくないので、もし親株が冬越しに成功したら、差し芽から育った株は、お友達にあげようかなと思っています。夜になると非常に良い香りのする花が咲く木なので、きっと欲しい方もたくさんいらっしゃるかな。

 

そして、しばらく前から花芽の伸びてきていたトルムニア

f:id:Kaoriok:20190111225517j:plain

「トルムニア」photo by Kaori

 

ちなみに以前の記事は以下からお読みいただけます。

洋蘭たちの花茎がぐんぐん伸びてきました - かおりのプランター・ガーデニングブログ

 

花芽が膨らんできて、もうすぐ咲きそうです!

f:id:Kaoriok:20190111225630j:plain

「膨らんできたトルムニアの蕾」photo by Kaori

とっても楽しみです!

 

洋蘭では、他にもミディ胡蝶蘭たちが咲き始めています。

ミディ胡蝶蘭・カララは2輪綺麗に咲いています。

f:id:Kaoriok:20190111230015j:plain

「ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111230046j:plain

「ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

 

そして、ミディ胡蝶蘭ヤングホーム・ドロシーも咲き始めました。

f:id:Kaoriok:20190111230145j:plain

「ミディ胡蝶蘭ヤングホーム・ドロシーの花」photo by Kaori

まだ開ききっていないですし、なんだか少し花が小さく、柄もまだはっきりしていないですが、これからの花に期待しています。でもこの花もかわいい!

 

パフィオペディルムも花芽が伸びてきています。無事に咲いてくれそうで嬉しい!

でも、私は今月末から2か月近く留守にするので、花が見れないかもしれないのが残念。

f:id:Kaoriok:20190111230940j:plain

「花芽の伸びてきたパフィオペディルム」photo by Kaori

 

台所の東側の窓脇に置いてあるセントポーリア。3年目なのですが、置いてある場所があまり良くないのか、育て方が悪いのか、何度も枯れかけました。いまいち育て方もよく分からず…。それに、うちは植物がたくさんありすぎて、良い置き場所がなくて。でも、いつも持ち直して今年も蕾を付けています。強いですね。

f:id:Kaoriok:20190111230637j:plain

「セントポーリアの蕾」photo by Kaori

 

花も綺麗なのですが、ビロードのような葉っぱが好きです。うまく育ててあげられないのが悔しい。

 

外では、中玉トマト・フルティカは、年末の降雪の後、さすがに枯れましたが、最後まで残っていて、赤くなりかけていたトマトを収穫。

f:id:Kaoriok:20190111231206j:plain

「中玉トマト・フルティカの収穫」photo by Kaori

なかなか立派。ここまで赤くなっていれば、しばらく置いておけば、真っ赤に追熟してくれるだろうと思います。

 

寒さに強い植物たちは元気。

パンジービオラも、寒いせいか、新しく開花する株は少ないですが、すでに開花している株は、花数をどんどん増やしています。蕾を付けていて、まだ開花していない株も多いのですが、寒さのせいで、なかなか開花までには至りませんね…。

 

f:id:Kaoriok:20190111231533j:plain

ビオラ・フローラルパワー・ブルーピコティの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111231600j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111231631j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111231701j:plain

「2~3日前に開花し始めたパンジー・ナチュレの株」photo by Kaori

パンジー・ナチュレは、今年は紫色の花が多いです。

他も、紫系の花が多いかも。ミックス種を蒔いているので、何色が咲くのかはわからないのですよね。

 

そして、クリサンセマム・パルドサム。ひとつだけ綺麗に咲いていますが、寒いせいか、そこから花が増えないです。

f:id:Kaoriok:20190111231843j:plain

「クリサンセマム・パルドサムの花」photo by Kaori

でも、春になったら、あふれんばかりに咲き誇ってくれるでしょう。今年は、こぼれ種から育った株が、あちこちの植木鉢から芽を出してきているので、どうしようか思案中。捨てるのももったいないので、少し大きくなった株は、ポットに植え替えて、誰かにあげようと思っているのですが。

 

そして、オキザリス・パーシーカラー。太陽が照っている時しか咲かない花。本当にこの花はかわいくて癒されます。

f:id:Kaoriok:20190111232133j:plain

オキザリス・パーシーカラーの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190111232159j:plain

オキザリス・パーシーカラーの花」photo by Kaori

オキザリス・パーシーカラーは、多少寒さに弱いようなので、無加温のビニールハウスに入れています。日が照ってきたら、ビニールを開け、夕方にビニールを閉める感じ。気温は、朝方は外気とそれほど変わらないかもしれませんが、霜や雪が降りないですし、昼間は、外よりは多少温かいと思います。ちなみに、アラビアンジャスミンも今年は同様の場所で冬越しにトライしています。ちょっと、家の中に入れるスペースがなく…。でも、たぶん大丈夫だと思います。

 

以上、植物たちの一部の近況でした。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。

 

 

今日の花と収穫

このブログにご訪問いただきありがとうございます😊

 

今日はうちの辺りでは小春日和の良い天気。時折、強い風も吹きましたが、昼間は暖かかったです。

 

太陽が当たると開き始めるオキザリス・パーシーカラーも可愛らしく咲き誇っていました。

f:id:Kaoriok:20190103201814j:plain

オキザリス・パーシーカラーの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190103201823j:plain

オキザリス・パーシーカラーの花」photo by Kaori

 

タネから育てたパンジービオラも、気持ちよさそうに咲いていました。

f:id:Kaoriok:20190103230301j:plain

ビオラ・フローラルパワー・ブルーピコティの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190103230319j:plain

「パンジー・ナチュレの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190103230312j:plain

「パンジー・ナチュレの花」photo by Kaori

 

f:id:Kaoriok:20190103230328j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190103230340j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190103230348j:plain

ビオラ・ソルベの花」photo by Kaori

 

そして、ルピナスが種まきから2か月以上たって、2つ発芽してきました。どうして今頃なんでしょう。不思議です。

f:id:Kaoriok:20190103231433j:plain

ルピナスの苗」photo by Kaori

ちなみに、たくさん葉の出ている株は、種まきから割合すぐに発芽したもの。そして、手前の双葉は少し前に発芽したもの、そして、黄色っぽいのは芽を出したばかりで、まだ双葉にも開いていないものです。しばらくしたら、違うポットに植え替えなければいけませんね。無事に育ってくれると嬉しいのですが。この秋は自家採種の種を結構蒔いたのですが、発芽しなかったものも多く、また発芽しても枯れてしまったものもあり、育っているものは割合少ないです。いつも多めに蒔いて、お友達や近所の方々に差し上げているのですけれども、今年はどうなるかなぁ。成績が悪いので、9月、10月、11月それぞれ種まきをしてみたのですけれども。9月種まきから無事に育った株はすでに8号鉢に植え替え、大きく育っています。冬にこんなに大きく育ってしまって大丈夫なのだろうか。どれでもいいので、それなりの数の株が、春の開花まで無事に育ってくれると良いなと思います。

 

中玉トマト・フルティカは、年末の寒波でほぼ枯れてしまいました。まだ実がたくさんついていたのですが、緑色。仕方なく収穫しました。置いておけば赤くなるのかしら?ちょっと試してみようと思います。

f:id:Kaoriok:20190103230725j:plain

「まだ青い中玉トマト・フルティカの実を収穫」photo by Kaori

 

そして、大みそかにも、寒波で枯れた唐辛子の木を引退させました。

その時に200個以上の唐辛子を収穫。

f:id:Kaoriok:20190103230942j:plain

「年末に収穫した唐辛子」photo by Kaori

赤くなったものは以前に順々に収穫していたので、こちらも緑のものが多いですが、唐辛子は緑でもおいしいので、また、友人におすそ分けしようかなと思っています。

 

 

家の中では、ハナキリン・八福神の花が鮮やか!

f:id:Kaoriok:20190103231231j:plain

ハナキリン・八福神の花」photo by Kaori




今日は、私の誕生日でした。

植物たちから、たくさんのプレゼントをもらった気分です。

 

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。



 

 

ミディ胡蝶蘭が開花してきました!トマト追熟しました!

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年末から蕾が開きかけていたミディ胡蝶蘭。2年前に近所のイオンで購入した株です。カララと名前ラベルが付いていました。

 

日に日に綺麗に開いてきました。今冬の胡蝶蘭の一番花です。

 

f:id:Kaoriok:20190102224454j:plain

「2018年12月31日、ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190102224317j:plain

「2019年1月1日、ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20190102224006j:plain

「2019年1月2日、ミディ胡蝶蘭カララの花」photo by Kaori

まだ開き切っていないですが綺麗です。

これからどんどん胡蝶蘭が咲いてくれそうで、楽しみです。

 

そして、12月19日に落ちてしまったので収穫した中玉トマト・フルティカの実

f:id:Kaoriok:20181219232102j:plain

「2018年12月19日、収穫した中玉トマト・フルティカと食用ほおずき・ゴールデンベリー」photo by Kaori

 

家の中の常温に置いておいたら、追熟して真っ赤に。

f:id:Kaoriok:20190102225103j:plain

「追熟した中玉トマト・フルティカの実 2019年1月2日」photo by Kaori

 

おいしくいただきました。味が濃くて、甘くて、とっても美味しかったです。自分で野菜を育てる醍醐味ですね。

 

今年も、ゆるゆるとプランターでのガーデニングを楽しんでいきたいと思います。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって、2019年が楽しくて、素敵な一年となりますように!

 

 

寒波で枯れた植物たちの整理と収穫、開花する家の中の植物たち

このブログにご訪問いただきありがとうございます。

 

昨日の雪、そして続く寒さ(今朝の最低気温−3度)で、ついに寒さに強くない植物たちが枯れてきました。今年はどのくらいの寒さまで持つのか、実験的な意味もあって、今まで残しておきましたが、やはり、ここまで寒くなると、ダメなんですね。連日のマイナス気温、最高気温も4〜8度ぐらいでしたし。今まで結構元気だったので、もしかして、冬越せるかも〜と楽観視していましたが、そんなに甘くありませんでした。でも、どのくらいまでこれらの植物たちが寒さに耐えられるのか、なんとなくわかったので満足です。

葉がかなりしおれ、色も変わってしまったので、思いきって切ることにしました。

f:id:Kaoriok:20181230223132j:plain

「しおれてきた食用ほおずき・ゴールデンベリーの葉」photo by Kaori

 

食用ほおずき・ゴールデンベリーは、まず、実を全て収穫。まだ青いですが仕方ありません。しばらく保存すれば、熟すのかしら。試してみようと思います。

f:id:Kaoriok:20181230223338j:plain

「収穫した食用ほおずき・ゴールデンベリーの実」photo by Kaori

 

そして、木は根元近くまで切りました。新しく伸びてきている枝だけ、可愛いので残しましたが、たぶん、もう直ぐ枯れるでしょう。すでにバーグチップで土を覆ってあるのですが、この上に藁をかぶせて冬越しさせようと思います。うまくいけば、来年春になれば、株元から新芽が出てくるはず。

f:id:Kaoriok:20181230223706j:plain

「根元近くまで切り戻した食用ほおずき・ゴールデンベリーの株」photo by Kaori

 

余談ですが、ゴールデンベリーの枝に絡みつくように唐辛子が実っていてなんだか可愛いかったです。

f:id:Kaoriok:20181230223615j:plain

「ゴールデンベリーの枝に絡みつくように実った唐辛子」photo by Kaori

 

そして、カンナの葉も一晩で色が茶色に変わってしまったので、株元からバッサリ切りました。まだ、それほど色が変わってないもののみ、試しに葉を残しています。

f:id:Kaoriok:20181230230254j:plain

「一晩で葉の色が茶色くなってしまったカンナ」photo by Kaori

ジンジャーリリーの葉も一晩で萎れたので、こちらも株元からバッサリと。

f:id:Kaoriok:20181230230512j:plain

「寒さで葉がしおれてきたジンジャーリリー」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181230230352j:plain

「株元までバッサリ切ったカンナとジンジャーリリーの株」photo by Kaori

カンナの鉢には藁、ジンジャーリリーの鉢にはバーグチップをかぶせて冬越しさせます。ジンジャーリリーは、今年もあまり開花しなかったので、やはり、鉢では狭すぎて無理があるのかもしれませんね…。

ちなみに、冬の間は、土がカラカラに乾かない程度に、ほんのちょっと水をやっています。昨冬は、カンナは、冬越しできたものとできなかったものと半々ぐらいでした。本当は掘り出して保存すれば良いのでしょうが。いまの時期、午後から日が当たる場所に置いてあります。もう少し太陽の位置が上がってこれば、もう少し早い時間から日が当たると思います。

 

ウッドローズは、花が咲かないかなぁと、一縷の望みをかけていましたけれども、この寒波で葉がしおれてしまったので、引退させました。

f:id:Kaoriok:20181230230827j:plain

「一晩で葉の色が変わりしおれたウッドローズとチョウマメの葉」photo by Kaori

ウッドローズは、短日にならないと花が咲かず、でもこの辺りでは、日が短くなると寒くなるので、花を咲かせるのが難しいと聞いていましたが、やはり無理だったよう。元気に蔓を伸ばしていたのですけれどもね。ハワイ土産に頂いたタネを蒔いて育てたものでした。この辺りでは花を咲かせるのは無理そうなので、残りの種はジャワで種まきしてみようかしら。

同じネットに蔓を絡ませていたチョウマメも、しばらく前からかなり枯れてきていたので、引退させ、ネットも片付けてスッキリしました。

 

今日は、新年を迎える前に、ちょっと庭をすっきりできて良かったです。

 

2株だけ残っていたマリーゴールドもさすがに枯れましたね。よく今まで持ったものです。昨冬も冬越しに成功したペチュニアは今冬も冬越しにトライする予定。ちなみに昨冬は、朝から昼過ぎにかけてよく日の当たる軒下に鉢を置いておいたら、冬越しできました。期待していなかったのでビックリでしたよ。

 

あとは、唐辛子を収穫して木を引退させるのみかなぁ。大晦日にできるといいけれども。今日も少しだけまだ緑の唐辛子を収穫しました。ちなみに緑の唐辛子も辛くて爽やかな風味でおいしいですよ。

f:id:Kaoriok:20181230231500j:plain

「収穫した唐辛子とゴールデンベリー」photo by Kaori

以前に収穫した赤い唐辛子と一緒に置くとかわいい。

f:id:Kaoriok:20181230231611j:plain

「収穫した唐辛子」photo by Kaori

今は空気が乾燥しているので、部屋の中にしばらく置いておくと、唐辛子は乾燥してしわしわになります。このまま乾燥唐辛子にしたら、結構保存がきくと思います。

 

一方、家の中では、アデニウム・オベスムが一輪、綺麗に咲いています。

f:id:Kaoriok:20181230231142j:plain

アデニウム・オベスムの花」photo by Kaori

また、ミディ胡蝶蘭の花が開きそう。正月に咲いてくれたらいいなぁ。楽しみです。

f:id:Kaoriok:20181230231233j:plain

「ミディ胡蝶蘭カララの蕾」photo by Kaori

 

今年も植物たちにいろんな楽しみや喜びをもらいました。植物たちに感謝です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

楽しんでいただけたら幸いです。

みなさまもどうぞ良い年をお迎えください。

 

 

 

 

 

雪に埋もれた植物たち

このブログにご訪問頂きありがとうございます!

今朝、起きたら外は真っ白な世界になっていました…。

早朝から降り始めたようですが、気温が低いため、少し積もっていました。

昨日降らずに天気が良かったので、油断していました。

 

f:id:Kaoriok:20181229205507j:plain

「ベランダに積もった雪」photo by Kaori

 

植物たちにも積もっていました。

f:id:Kaoriok:20181229211026j:plain

水仙の花の上に積もった雪」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229205555j:plain

「セリの鉢の上に積もった雪」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229205607j:plain

「刈り込んだグロッソラベンダーの鉢の上に積もった雪」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229205734j:plain

「ダッチアイリスの葉の上に積もった雪」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229205833j:plain

「いろんな鉢の上に積もった雪」photo by Kaori

 

f:id:Kaoriok:20181229205926j:plain

「唐辛子の木の上に積もった雪」photo by Kaori

 

f:id:Kaoriok:20181229210118j:plain

「庭に積もった雪」photo by Kaori

 

f:id:Kaoriok:20181229210302j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリーの上に積もった雪」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229210704j:plain

「庭木に積もった雪と、うっすら見える太陽」photo by Kaori

 

今日の最高気温はたぶん4度ぐらい。それでも、午後から晴れてきたので、雪はあっという間になくなりました。

 

冬の植物たちは、さすがにへいちゃらでした。

 

f:id:Kaoriok:20181229211224j:plain

「溶けてきた雪とビオラ・フローラルパワー・ブルーピコティ」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229211331j:plain

「溶けてきた雪とビオラ・ソルベ」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181229211715j:plain

「雪が解けて、何事もなかったかのような植物たち」photo by Kaori

 

食用ほおずき・ゴールデンベリーの木は、さすがに葉っぱがしおれてきました…。もう終わりですかね。実が熟すまで、もう少し持ってほしいのですが…。

f:id:Kaoriok:20181229211612j:plain

「葉のしおれてきたゴールデンベリーの木」photo by Kaori

 

これから、ますます寒くなり、雪もまた降るかもしれません。

季節の移り変わりとともに、ガーデニングを楽しんでいきたいと思います。

 

読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように。

 

 

オンシジューム・トゥインクル、アデニウム・オベスム、クリサンセマムの開花、ゴールデンベリーの収穫、虹色スミレの植え付け、ニゲラ・サティバの様子

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

今日はなんだか連投しています♬

 

オンシジュームトゥインクルが満開です。

バニラのような良い香りが漂っています!

f:id:Kaoriok:20181228224934j:plain

「満開のオンシジュームトゥインクル」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228225215j:plain

「満開のオンシジュームトゥインクル」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228225209j:plain

「満開のオンシジュームトゥインクル」photo by Kaori


今年の一月に購入した株。こうして1年たって、再開花してくれるのは、とっても嬉しいです。最近、ちょっとカトレアで苦戦しているので、余計にうれしい。

 

そして、アデニウム・オベスムが、もう一輪咲き始めました。挿し木から育てた株。今年は、春にも開花したのですが、夏には全く開花せず、今の時期に少し咲いてくれています。夏は暑すぎたのですかね…。

f:id:Kaoriok:20181228225632j:plain

アデニウム・オベスムの開花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228225719j:plain

アデニウム・オベスムの開花」photo by Kaori

やはり寒いからか、同じところから出ているほかの蕾は枯れていますね。

 

そして寒空のもと、秋に種まきしたクリサンセマム・パルドサムの一番花が開花!

f:id:Kaoriok:20181228225900j:plain

「クリサンセマム・パルドサムの開花」photo by Kaori

春になったら、きっとあふれんばかりの花を咲かせてくれるでしょう。

 

 

今日は、雪が降るかもしれないとの予報があり、もうこれで食用ほおずき・ゴールデンベリーは枯れるかなと思ったら、とても寒いけれども、意外に良い天気で命拾い。まだたくさん実もなっているので、もう少し熟すまで枯れないでほしいです。

f:id:Kaoriok:20181228230316j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリーの木」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228230348j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリー」photo by Kaori

収穫出来そうな、外側がカサカサになった実もありました!

f:id:Kaoriok:20181228230423j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリー」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228230430j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリー」photo by Kaori

早速収穫。

f:id:Kaoriok:20181228230436j:plain

「食用ほおずき・ゴールデンベリーの収穫」photo by Kaori

 

寒空の下、種から育てた虹色スミレをプランターに植え付けました。

すでに、結構根がまわっていました。

f:id:Kaoriok:20181228230732j:plain

「根がまわっていた虹色スミレの苗」photo by Kaori

健康そうな根です。

大きな丸いプランターに4株植えることにしました。他のパンジービオラは、このプランターに3鉢にしているのですが、虹色スミレは、そんなに広がらなかった覚えがあるのです。それに、株が余ってしまうので4株にしました。

そして、それより小さい丸いプランターには2鉢。

今はスカスカに見えますが、春になると、こんもりといっぱいになるのです。

f:id:Kaoriok:20181228231132j:plain

「植え付けた虹色スミレ」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228231208j:plain

「植え付けた虹色スミレ」photo by Kaori

 

ちなみに、土はゴールデン培養土。既に使用したものを再利用しています。

ちなみにゴールデン培養土の再利用は、ふるいにかけて大体の根を取り除き、透明のビニール袋に入れて熱湯をかけ、そのまま、日当たりのコンクリートの上などに1週間ほどおいて消毒します。天気にもよるので、その辺りは適当に…。けっこう妥協したりしています。そして、それを乾かし、ゴールデン培養土の再生材を混ぜて、培養土の再生は終わりです。手間はかかりますけれども、時間がある時に、ぼちぼちやっています。でも、再生させようとした土を半年以上も放っておくことも…。ストレスをためてもしょうがないので、楽しめる範囲でやっています。

 

玄関先のニゲラ・サティバは、花の中心部がちょっと長く伸びてきました。これはこれで美しい。

f:id:Kaoriok:20181228231815j:plain

「ニゲラ・サティバの花」photo by Kaori

f:id:Kaoriok:20181228231905j:plain

「ニゲラ・サティバ」photo by Kaori

 

今回も、うちのいろいろな植物の様子を紹介させていただきました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

あなたにとって素敵な一日となりますように!